若々しく更年期を乗り切る!年齢肌との上手な付き合い方

DdgoruJeWdextL21524014604_1524015066

 

年齢を重ねてくると、若い頃とは

少しずつ変わることがあります。

 

それは、身体の調子だけではありません。

 

毎日鏡に映る顔も、少しずつ年齢が表れ始めます。

 

特に30代以降、急速に肌のハリツヤの軽減を

感じる人が増えます。

 

また、40代になってくると、だんだんと肌が乾燥し、

毛穴が目立って、たるみがひどくなってくる。

 

小じわは、始めは乾燥によるものだと思っていたけど、

いつの間にか肌に定着してしまった!

 

しかしご安心ください!

 

年齢を重ねた肌は、まだまだ若返ることができます。

 

正しいケアを行うことで、

美しい輝きを取り戻せるのです。

 

30代以降の毛穴、たるみトラブルに有効なのは保湿より●●

yjimage

30代に入ったころから気になるのが毛穴やたるみ。

 

特に毛穴トラブルは、乾燥が第一の原因です。

 

乾燥によって、収縮してしまった肌表面から

毛穴が取り残される形で目立ってくるのです。

 

そして、そうして目立ち始めた毛穴は、

周囲の毛穴、皮膚を巻き込みながら、小じわを形成します。

 

要は、毛穴と毛穴が肌表面に溝を作ることで、

小じわを形成していくのです。

 

それを理解すると、いかに肌に保湿が大切か

分かっていただけるでしょう。

 

しかし、肌のエイジングケアには、

保湿だけでは足りません。

 

肌そのもののパワーを補うことが出来なければ、

アンチエイジング効果は期待できないのです。

 

アラフォー美容に不可欠なレチノールって?その効果とは

f5490c1f03b8c895fc7c427f9ad87516

保湿だけでは太刀打ちできない、40代以降の肌。

 

当然、保湿はマストです。

 

しかし、年齢を重ねてきた肌は、水分量を増やすだけでは

美しさを取り戻すには不十分なのです。

 

そもそも保湿とは、肌の水分量を増やすこと。

 

渇いた紙に水を吹きかけると、一時的には

シワが伸びます。

 

しかし、水はすぐに乾いてしまう…。

 

お肌もそれと一緒。

 

単に水分を与えるだけではいけないのです。

 

肌の深部まで浸透し、肌細胞に再生を促す

エイジングケアを行う必要があるのです。

 

それに効果的なのが、話題のレチノール。

 

ビタミンAの一種で、肌の調子を整える働きがあります。

 

シワ、シミを劇的改善した驚きのスキンケア習慣とは

skincare_01

 

このように、アラフォー以降の肌を美しく保つためには、

保湿だけでは不十分です。

 

そして、スキンケアのテクニックにも工夫がいります。

 

まず、洗顔は正しくできていますか?

 

洗顔時のお湯の温度が高すぎると、

顔がバリバリになってしまいます。

 

ぬるま湯というと、お風呂ぐらいの温度を思い浮かべる人が

多いですが、これは大間違い!

 

最適なのは32度、体温よりも低い温度で洗ってください。

 

こうしたちょっとした心がけが美を進化させるのです。

 

アンチエイジングはスキンケアで叶う!

コメントを残す